6月は天王岩で

6月は近場の天王岩へ3回通いましたが、成果はあったのか?。 6月7日:NBR例会は雨で早退 参加者は22名 6月14日:個人・岩乾き快適だったが? 6月26日:個人・岩場でバッタリNBR勢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新緑の黒岩例会(5月10日)

6時40分マイクロバスで池袋を出発。総勢18名、その内女性が14名 とクライミング例会も女性上位となってきました。 9時駐車場に到着、ここからガードレールをまたいで山道を6~7分 で岩場に到着。 先客は2人いたがすぐどこかに消えて2度と会うこともなかった。 ということで岩場は我らの例会で貸し切り状態です。晴れて空気 は乾…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いわき青葉・丑の倉遠征(11月23~25日)

11月の三連休、いわき遠征のお誘いを受け勇んで(?)参加した。 今回は10名という大人数だが大半は青葉が初めてというメンバーだ。 3日間あるので2日間青葉で登り、最後の1日をどうするか主催者 は頭を悩ませていたようだ。 というのは、近くに丑の倉という花崗岩の岩場があるが、下見した Sさんの話では難しくてとても歯が立たなかっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の甲府幕岩例会(10月12日)

毎年恒例のNBR甲府幕岩例会は昨年は春ゼミの騒がしい初夏だったが、 今年は秋なのでスズメバチが出ないか心配だった。 総勢23名(男性13名、女性11名)、新宿発、高尾発、現地合流の計6台の 車で紅葉が色づき始めた林道をくねくね走り、9時20分駐車場に到着した。 駐車場には他車はなく、結局今日はNBR貸し切り岩場だった。 9…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩乾き快適なり・天王岩例会(6月1日)

今年の冬は例年にない寒さだったが、3月も下旬になつたら今度は反対に 気温が異常に上昇し桜の開花が10日も早まったという異常気象状況で夏 はどうなるか今から思いやられます。 今年は5月にはもう夏日・真夏日という日が連発し、こんな日は北向きで川 沿いの林間にある天王岩が涼しくて快適なんですが、当会の今年初の天王 岩例会は6月1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

城山例会は20名(2018-5-11)

当初3月16日に予定されていた毎年恒例の城山例会は当日伊豆地方が雨 のため5月に予定されていた古賀志山に急遽変更されたので、結果は入れ 替えになったわけです。 参加者20名を乗せたマイクロバスは6時40分新宿を出発、新東名長泉沼津 インターを出たところまでは順調だったが、その先で伊豆縦貫道に入る分岐 を間違えて沼津方面に入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

城山西南カンテ(12月15日)

伊豆城山は以前から南壁、ワイルドボアゴージ、クッキングワールド、チュー ブロック、ポンポコランド等結構行ってるが、全てフリーでマルチをしたことは なかった。 私はアプローチ歩きが苦手で、歩きの少ない近郊の簡単なマルチしかしたこ とがないが、高度感あふれる岩壁をツルベで登るマルチは魅力的だ。 今回、Aさんが西南カンテのマルチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の天王岩例会(10月5日)

10月6日に予定されていた天王岩例会は当日雨が予想されたため一日繰り 上げて実施された。 日にち変更のため参加者が予定より数人減ったが、それでも16人の大人数 である。 8時半過ぎ岩場に到着したときはまだ無人の岩場だった。幸い岩は乾いてい る。 準備をして上の岩場と下の岩場に別れる。上の岩場はいつものように代わ り映え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

涼しくなった天王岩で(9月21日)

今日は天気予報で北からの乾いた涼しい空気に覆われ晴天が約束された 絶好のクライミング日和だ。 いつもの武蔵五日市駅8時17分発のバスに乗車する。このバスは瀬音の湯 を経由しないので早くて、8時半過ぎにはもう岩場に着いてしまう。 まだ岩場に誰もいない。 今日はT氏、Aさんと私の3人である。3人だと都合がいいのは常時1人は休 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨予報外れ快適・NBR小川山合宿(8月21日~23日)

2017年のNBR・小川山合宿は事前の天気予報が悪く、どの程度登れるか 心配したが、結果は3日間全く雨は降らず毎日クライミング三昧で登り疲れ ました。年々会員のレベルが上がっており先が楽しみです。 新宿組は6時40分、高尾組は7時10分に出発、川上村ナナーズで食料購入 後、廻り目平に10時過ぎに到着し、直ちに芝生広場に設…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全員バスに乗れるか天王岩例会(7月7日)

天王岩へ行くために乗る武蔵五日市駅~養沢間のバスは乗用車のすれ違 いもままならぬ狭い道路の先にある瀬音の湯に寄る関係で定員20名程度の 小型バスで運行されている。 今日の参加者は26名。こんなに大勢での岩例会は私の知る限りNBR岩例 会では初めてではないだろうか。 岩場に行くより前に、先ずこの小型バスに全員乗れるか心配だ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青葉ってどんな岩場だろう(4月22/23日)

いわき市の郊外にあり東北地方なのに冬でも暖かい岩場として有名な青葉 だが、一度は行ってみたいと思いつつも少し遠いのでなかなか行くチャンス がなかった。 今回、外岩クライミングの仲間でご主人がいわき市出身のSさんから青葉遠 征のお誘いを受けた。 道案内から送迎・宿舎提供までして頂けるという嬉しいお誘いだった。 Sさんご夫妻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春ゼミ賑やか甲府幕岩例会(6月9日)

毎年恒例となったNBR会の初夏の甲府幕岩例会だが、今回は参加者が多く 23名(男性11名、女性12名)もの大部隊である。 新宿6時40分発と高尾7時10分発に分かれ車5台に分乗し、双葉SAで合流 した。 今年は観音峠大野山林道が途中で閉鎖されているので、須玉で高速を下り 県道23号線(増富ラジウムライン)の岩下の十王から小…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2年ぶりの越沢バットレス(4月14日)

マルチピッチ・クライミングはロープワークや懸垂下降などシングル・ピッ チのフリークライミングにはない登ること以外の要素が大きな部分を占め ている。 あまりマルチはやらない私だが、マルチの現場でまごつくことがないように ときどき練習しておく必要があると越沢マルチ・トレの計画を立てた。 越沢バットレスは北向きで谷間にあるため、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天王岩クライミング(5月23日)

冬の間、寒さにかまけてクライミングをさぼっていたため、ブログの更新もし なかったので、どうしてるか心配してくれる人もいましたが、暖かくなってきて 外岩の快適な季節になってきたので、ぼちぼち外岩へ出かています。 ここ数日晴天が続き、乾いた岩と新緑の中で快適なクライミングが楽しめそ うと数人に声を掛け、応えてくれた同行者3名と今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文献から学ぶ確保理論 (その1)

ロープクライミングを行うとき、クライマーが落下した際に人体が受ける衝 撃力は落下係数、ロープ特性、クライマーの体重、ビレィヤーの技術等に より決まります。 本文では、先ずこの落下衝撃力を明らかにした後、安全なクライミングを 行うために、この衝撃力を人体に許される衝撃力以内に抑えるにはどうす べきかを論じています。 ロープ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幕岩悟空スラブでマルチトレ(12月19日)

普段パンプ2で練習相手をお願いしている岩友と4人でマルチピッチクライミ ングの練習をすることになった。 目的は登ることよりマルチのロープワーク練習だから、暖かくてやさしい幕岩 悟空スラブ(5.7/100m)にした。 桃源郷から悟空スラブまで25分ほど山道(踏み後)を登るが、落ち葉深く、木 の根・ロープにつかまる急な登りは結…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幕岩で2016年最後の岩例会(12月16日)

2016年最後のA係担当の岩例会は幕岩で20名の大パーティで行われた。 行先は初心者向きルートの多いいつもの茅ヶ崎ロックの桃源郷周辺です。 休日だったらこの大人数では登るルートを探すのも大変ですし、登る回数 を稼ぐのも難しく元は取れないでしょうが、平日の今日は空いててどこでも 登り放題です。 20名が桃源郷、アリババの岩場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

懸垂下降時の登り返し(1/2引き上げ)(11月13日)

10月22日の三つ峠例会のとき、中央カンテで起きた懸垂下降後のロープ スタック事件は、幸い岳ルート登攀中のガイドの助けにより事なきをえたが、 下手をすれば自分たちが回収に登らなければならなかった。 まさかロープスタックが起きるとは思わなかったので心の準備もなかったが。 スタックしたのが懸垂下降点のすぐ下だったから、ロープはた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

懸垂下降で使うロープの結びを考える(10月10日)

アルパインクライミングでは懸垂下降技術が必須です。そこでクライマーは ①ダブルロープで懸垂下降するときロープを結合する ②下降中のトラブルに備えバックアップをとる ③トラブル発生の際に登り返す などの場合に備えロープの結び方を知っておかねばなりません。 ロープワークを勉強するには、山岳団体主催の講習会に参加したり、ガイド …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more